漁協総代会が無事終了

第70回(平成31年度)総代会が3月8日(日)にありました。

昨年の事業報告、決算報告、令和2年度の事業計画、予算案が承認され、本格的に事業が始まります。


今年は、渓流魚は昨年と同様に繁殖計画を実施します。

鮎漁は、昨年の2300kgから2500kgと200kg放流量が増えます。

内訳ですが、湖産鮎は昨年同様2000kgです。海産系は200kgで昨年より100kg減。

そして今年初めて海産系と湖産系を掛け合わせた「ハイブリッド」と呼ばれる

岐阜県センター産を300kg放流します。

 

冷水病に比較的強く、縄張り意識が高いとそうです(?)

岐阜県から3年間調査を依頼されています。

こちらの結果が良ければ、順次この「ハイブリッド」比率を上げることになります。

 

釣れるかな・・・?

by Tsune